教育目標

  • 1.医師、歯科医師、または看護師の指示のもとに療養上の世話や診療の補助を対象者の安楽に配慮し安全に実施することができる能力を養う。
  • 2.疾病をもった人々と家族のさまざまな考え方や人格を尊重し倫理に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。

課程及び修業年限

修業年限 2年
授業時間 午後1時40分~午後4時50分(月・水・金)
午後1時40分~午後6時40分(火・木)
臨地実習 2年次 4月~12月 午前8時30分~午後4時30分

定員

1学年定員 25名
総定員 50名

※毎年 卒業生のうち約70%が本学校看護学科へ進学しています。
(推薦制度あり)

免許・資格

  • 准看護師資格試験受験資格
  • 看護師学校受験資格

学費

入学金+テキスト代、その他必要経費 270,000円(入学時)
授業料(年額) 240,000円(前期・後期で納入)
教育充実費(年額) 80,000円(前期・後期で納入)

教育課程

科目 時間数
基礎科目 国語 35
英語 35
保健体育 35
小計 105
専門基礎科目 人体のしくみと働き 105
食生活と栄養 35
薬物と看護 35
疾病の成り立ち 70
感染と予防 35
看護と倫理 35
患者の心理 35
保健医療福祉のしくみ 35
看護と法律
小計 385
専門科目 基礎看護 -315
●看護概論 35
●基礎看護技術 210
●臨床看護概論 70
成人看護 210
老年看護
母子看護 70
精神看護 70
小計 665
臨地実習
●基礎看護 210
●成人看護 385
●老年看護
●母子看護 70
●精神看護 70
小計 735
総計 1,890

教育目標

  • 1.人間の生命の尊厳を守り、人々の多様な価値観を尊重し、専門職としての共感的態度及び倫理に基づいた看護が実践できる能力を養う。
  • 2.人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広く理解できる能力を養う。
  • 3.あらゆる健康段階・発達段階にある対象がより安全で快適な生活ができるよう、対象に応じて適切な看護を実践するための基礎的能力を養う。
  • 4.社会の変化、ニーズに対応でき看護職としての役割を自覚し、保健・医療・福祉の中で他職種と連携、調整できる基礎的能力を養う。
  • 5.看護への探求心と向上心を身につけ、主体的に学習し続ける能力を養う。

課程及び修業年限

看護師2年課程定時制

修業年限 3年
授業時間 1・2年次 月~金曜日 午後5時10分~午後8時20分
臨地実習 3年次 月~金曜日 午前8時30分~午後4時30分

定員

1学年定員 20名
総定員 60名

 

免許・資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師助産師学校受験資格
  • 養護教諭養成課程受験資格
  • 大学への編入資格

学費

入学金 150,000円(入学時)
授業料(年額) 260,000円(前期・後期で納入)
教育充実費(年額) 120,000円(前期・後期で納入)
教科書代 約150,000円

教育課程

指定規則の卒業時必修単位数(時間数)
基礎分野 科学的思考の基盤・人間と人間生活の理解 10
小計 10
専門基礎分野 人体の構造と機能疾病の成り立ちと回復の促進 12
健康支援と社会保障制度 4
小計 16
専門分野I 基礎看護学 9
臨地実習(基礎看護学) 2(90)
小計 11
専門分野II 成人看護学 5
老年看護学 4
小児看護学 3
母性看護学 4
精神看護学 4
臨地実習(成年看護学) 2(90)
臨地実習(老年看護学) 2(90)
臨地実習(小児看護学) 2(90)
臨地実習(母性看護学) 2(90)
臨地実習(精神看護学) 2(90)
小計 30
統合分野 在宅看護論 3
小計 3
看護の統合と実践 4
小計 4
臨地実習(在宅看護論) 2(90)
臨地実習(看護の統合と実践) 2(90)
小計 11
総計 78(2205)