看護部長あいさつ

看護部は、疾病・傷害を抱えながらも、その人の持っている能力を引き出し又は低下させないよう、より良い看護の提供に努めております。特にチーム医療の推進と在宅復帰を視野に「生活を支える」ことを目指し、更には人生最後の時までも患者さんの尊厳を守ることに重点を置き、そのご家族に対しても思いやりの心を持ち日々サポートさせて頂いております。

看護職員の教育については、個々のキャリアアップのための資格取得貸付制度、看護師資格取得のための修学金制度、学会や研修参加の働き掛けを行い、自ら学ぼうとする姿勢を大切にしております。

現場が精神面・身体面で疲弊していては良い看護の提供はできません。そこで個々の看護職員の働きやすい職場環境を整備してワークライフバランスに配慮し取り組みをし、毎年の年休取得率80%以上の実績は強みとなっています。

一人ひとりが、単に与えられた仕事をこなすことに満足していては仕事のやりがいを見出すことはできません。これからは意欲を引き出し、学習や環境の「変化」を肯定でき、新しい発想を柔軟に受け入れ、お互いに支え支えられながら、より良い看護部を構築していきたいと思います。

看護部長 佐々木 彩子

理念・方針

看護部の理念

病院理念と方針に基づき個人の尊重を根底にした患者さん中心の看護を提供します。

看護部方針

1.安心して入院生活が送れるように事故防止に努めます。
2.「患者さんへの思い」を大切に心の通う看護を提供します。
3.チーム医療の強化と個別的な看護を推進します。
4.常に自己研鑽し自己の成長に努めます。

平成29年度看護部目標

良好なコミュニケーションを図り、安心・安全な環境づくりをします。
優しい笑顔で思いやりのある対応をします。
教育体制の強化とeラーニング学習の充実を図ります。
ワークライフバランスを推進し働きやすい職場にします。
看護部紹介 ns_station