院長就任のご挨拶

森田隆幸先生(写真)

昭和50年に弘前大学医学部を卒業し、消化器外科、中でも大腸肛門疾患の領域を専門としてやってきました。

弘前大学附属病院第二外科(現、消化器外科)、青森県立中央病院がん診療センター外科を経て平成29年4月に着任しました。

新たな気持ちで、患者さんを中心とした安全で質の高いチーム医療の提供、さらに介護までの継続性を見据えた医療の提供と連携を進めていきます。

患者さんにとって、更に良い病院にしたい、そんな事を思っています。宜しくご指導の程お願いします。

院長 森田 隆幸

ご挨拶

成田院長一般財団法人双仁会青森厚生病院は、黒石市にある一般財団法人双仁会黒石厚生病院の姉妹病院として昭和58年に設立され、以来数多くの手練れの医師達により当地での厚い信頼を頂いてまいりました。当院は、内科・循環器内科・呼吸器内科・外科・消化器外科・心臓血管外科・整形外科・リハビリテーション科・婦人科・放射線科・麻酔科の診療科ですが、なかでも各科での腫瘍性疾患や狭心症・心筋梗塞・不整脈等の循環器疾患を得意としています。いうまでもなく丁寧で迅速な結論の呈示はもとより、確実な先進の診断と治療が主体です。そのために最新・最良の機材を選択して来ました。また今までにもまして、治療される側に立った病院の在り方を追求し、皆様にとっての利便性を向上させるべく職員一丸となって取り組んでいるところです。今後も質の高い医療を提供し地域医療に貢献して参ります。どうぞ青森厚生病院をご利用ください。
名誉院長 成田 弘達

理念

患者の皆様を中心に置くチーム医療を提供することをめざし、地域医療に貢献します。

基本方針

病院内の各部門間やご家族を含めた患者の皆様との良好なコミュニケーションにより、患者の皆様を医療の中心に置くチーム医療を目指します。
『ヒトは間違いを犯すもの』を常に念頭に置いて、医療安全推進を心がけます。
従来の急性期・亜急性期の病院として医療を担う他、慢性期、高齢者疾患、リハビリテーションへ対応する療養病棟の充実を図ります。
他の医療機関や福祉施設などとの連携を密にして、地域医療に貢献して参ります。